« LS-GLにシリアルコンソールを作る(その2) | トップページ | no-ip »

2009年1月 4日 (日)

LS-GLにシリアルコンソールを作る(その3)

ネットワーク経由でログインできるようにする

コンソールでログインが出来るようになったら、ネットワーク経由でもログインが出来るように
設定しておく。ありがたいことに、LS-GLは実は、telnetデーモンが用意されている。
viでブートのスクリプト/etc/init.d/rcS を修正し、telnetが出来るようにする。

# vi /etc/init.d/rcS

下線のように最後の辺りに/usr/sbin/telnetd の1行を挿入する

--------------------------------------------------------------------------------------
#
echo "** step3 **"
for cmd in recover_shareinfo.sh micon_setup.sh atalk.sh ftpd.sh httpd.sh smb.sh clientUtil_servd.sh
lsprcvd.sh daemonwatch.sh cron.sh logchkd.sh checkconfig.sh init_sem.sh
do
exec_sh $cmd
done

/usr/sbin/telnetd

#fin.
exec_sh bootcomplete.sh
--------------------------------------------------------------------------------------

|

« LS-GLにシリアルコンソールを作る(その2) | トップページ | no-ip »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« LS-GLにシリアルコンソールを作る(その2) | トップページ | no-ip »