« LS-GLにシリアルコンソールを作る(その3) | トップページ | iPAQ hx2750 Windows Mobile 6.1化 »

2009年6月27日 (土)

no-ip

玄箱ProにダイナミックDNSクライアントを動かすのに何がいいか考えあぐねていたところno-ipがあることに気がついた

1.Download a Free Dynamic DNS Update client for your dynamic IPのページ内にある「Download 2.1.9」リンクから最新版のClientをダウンロード

2.アーカイブを展開
3. 展開して出来た noip-2.1.9-1 ディレクトリに移動
4. make
5. make install

このとき事前に登録したアカウント情報(ユーザー・パスワード)を聞いてくる

6. 成功すると以下のファイルが作成される
  /usr/local/bin/noip2
/usr/local/etc/no-ip2.conf

7. /etc/init.d/rcS に以下の行を追加する

/usr/local/bin/noip2

これで完了

8. 設定した内容を見るには noip2 -S と入力するとよい。
ホスト名、アカウント情報と何分周期で更新するか表示してくれる。

---------------------------------------------
/etc/init.d # noip2 -S
1 noip2 process active.

Process 31678, started as noip2, (version 2.1.9)
Using configuration from /usr/local/etc/no-ip2.conf
Last IP Address set □.□.□.□
Account □□□□□@nifty.com
configured for:
host □□□□□.no-ip.org
Executing username=□□□□□nifty.com&pass=□□□□□□&h[]=□□□□□.no-ip.org upon successful update. Updating every 30 minutes via /dev/eth0 with NAT enabled.
---------------------------------------------

デフォルトでは30分周期で更新してくれるらしい


|

« LS-GLにシリアルコンソールを作る(その3) | トップページ | iPAQ hx2750 Windows Mobile 6.1化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« LS-GLにシリアルコンソールを作る(その3) | トップページ | iPAQ hx2750 Windows Mobile 6.1化 »