« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年4月 1日 (金)

EM51でHuawei E220(補足)

実は使えるようになるまでに、色々模索した結果、システムのファイルに不具合があったことが判明。
そのため、手直している。

修正したのは、以下の2つのテキストファイル。
1) /etc/ppp/peers/wcdma
2) /etc/ppp/peers/wcdma_pppd

これらの最初の行に
connect 'chat -v -f /etc/ppp/wcdma.conf'
とあるが
connect 'chat -v -f /data/ppp/wcdma.conf'
が正解。

起動時からの動きをずっとみていると、E220をつなげた後、しばらくすると

/data/ppp/wcdma.conf
/data/ppp/peers/wcdma

が自動生成されている。つまり、これらのファイルがpppdで実行するファイル。

その為のテンプレートファイルが、
/etc/ppp/peers/wcdma
/etc/ppp/peers/wcdma_pppd
/etc/ppp/wcdma.conf
になっているのに、生成したファイルを無視して、テンプレートファイルを指定している・・・_| ̄|○

さすがは、中華タブレット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EM51でHuawei E220

EM51 (ECM-M5002)は、3G USBモデム対応をやっていた。

マーケットからダウンロードした、データ通信状態表示アプリ aDataConMon できちんと繋がっていることが分かる
Device1


設定の中に「3G」という項目があって、これで通信のON/OFFが出来るようになっている。
Device2

ただし、使うにはちょっとコツがある。
①電源ON後にE220をつなげる
②「3G」ボタンは時間をおいて何回か押してみる

設定は、他のスマートフォンと同じ設定。SIMはb-mobileのSIMです。
Device3

念のため、MCC=440, MNC=10に設定している。
Device4

/etc/ppp/usb_modeswitch.d/にあるファイルを眺めてみるとL-05A のファイルやW06K のファイルもある。
イーモバイル D02HWで繋がるばかりか、沢山繋がるUSBモデムがあると予想。

ちなみに L-05A はこんな記述になっています。
----------------------------------------------------------------------------------
########################################################
# LG L-05A

DefaultVendor= 0x1004
DefaultProduct=0x613a

TargetVendor= 0x1004
TargetProduct= 0x6124

MessageContent="5553424312345678000000000000061b000000020000000000000000000000"
NeedResponse=1
CheckSuccess=20
----------------------------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »