« EM51のFastBootモード | トップページ | EM51のハードウェアキーにHOMEを追加する »

2011年11月 5日 (土)

EM51にCyanogenMod 7/ClockworkMod Recovery 5を入れてみた

ダウンロードサイトは、http://androtab.info/telechips/cyanogenmod/

CyanogenMod 7とは、gingerbread(andorid 2.3.7)をベースにしたカスタムROM

CPU=TCC8902/8803で実装しようというプロジェクトがあるようで、EM51も動作対象。

current status (2011/10/29)をみると、動かないものとして
①3G
②bluetooth
③camera
④hardware accelerated video
⑤GPS
⑥HDMI

となっている。

④は非常に残念。ハードウェアアクセラレーションが有効でないと
動画の再生は無理。youtubeなどが使えない。

また、EM51では、以下の課題(issue)も記載されている

サスペンド/レジューム機能

電源を入れたまま、しばらくほっておくと、サスペンド状態になります。
この後、タッチパネルやキーを押しても、ディスプレイは元に戻りません。

なので、現状
・サスペンドに入る時間を最大の30分にしておく
・もしサスペンドになったら、後ろのリセットボタンで電源OFFにする。
という回避策ぐらしか見つかりません。

またこのファームウェアでは、android marketが入っていないので、以下のサイトから
ダウンロードしておきます。
http://wiki.cyanogenmod.com/index.php?title=Latest_Version#Google_Apps

いろいろ課題はありますが、それでも使う価値があります。

①HOMEボタンがないEM51で仮想的にボタンを用意することができます。
 cyanogenmodの設定でソフトボタンの選択が可能です。
 左上にホームのアイコンが出てきます。

Device1


②画面回転を制御できます。オリジナルのEM51は、4方向回転の機能があって
 使ってると、出来がよいのか悪いのか分からないほど画面がくるくる回ります。
 これが縦と横だけの2方向の設定が可能になります。

Device2


この2点がとても重宝していて、標準では、解像度=160で細かすぎて使いづらいので
以下のように解像度=200に変更して使っています。

Device4


※解像度の変更についてはまた後日。


|

« EM51のFastBootモード | トップページ | EM51のハードウェアキーにHOMEを追加する »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EM51にCyanogenMod 7/ClockworkMod Recovery 5を入れてみた:

« EM51のFastBootモード | トップページ | EM51のハードウェアキーにHOMEを追加する »